光射さない扉

選んだ貴方だけ

【剣盾S3】黎明ラプラスドリュキッス【最終2177-15位】

f:id:marize_poke:20201102131430p:plain

 

使用TN:マリー

成績:最終2177-15位

 

S3お疲れ様でした。今季は前季の構築を原型にして改良する組み方をして、構築の立ち回り、構築の強みを把握していたためかなり安定して戦うことが出来た。

 

【構築経緯】

 

前季使用した構築を改良するにあたり、構築との相性が悪く選出率が低かったカバルドン、不安定な性能のガラルヒヒダルマを外して、重い受け構築やアーマーガア、カビゴンに強いトゲキッスと、水の一貫を切りながら零度で受けを崩せるラプラスを採用して構築が完成した。

 

【個体紹介】

 

f:id:marize_poke:20200128010749p:plainサザンドラ@拘りスカーフ

性格:臆病

特性:浮遊

実数値:167-×-111(4)-177(252)-110-165(252+)

技構成:悪の波動 流星群 大文字 蜻蛉返り

◎最速

 

普通に対面選出に組み込むには役割が曖昧なポケモンであるが、火を吹けるポケモンの中で1番強くスカーフとの相性が抜群のため、役割が曖昧だとしても構築に入れるべきポケモン。だと思っていたが、最終日は上から殴れるからというだけでホルードをみて気まぐれに出したくらいで前季同様ほとんど活躍しなかったので不要かもしれない。

 

f:id:marize_poke:20200301120043p:plainラプラス@弱点保険 

性格:控えめ

特性:貯水

実数値:205-×-132(252)-150(252+)-115-81(4)

技構成:泡沫のアリア フリーズドライ 絶対零度 氷の礫 

 

余りにも初手インテレオンに蹂躙され尽くして、ウオノラゴンを見ただけでカビゴンの動きが窮屈になるのがネックに感じていたため、最終日の深夜3時頃に投入した。そのため、努力値や持ち物については一考の余地がある。キョダイセンリツの無いラプラスは弱いという固定観念を持っていたが、凄い勢いで絶対零度を当てたので最強だった。カビゴンやアーマーガアは絶対零度を分かっていても1度はダイマックスを切らずに突っ張らざるを得ない場面が多く、そこを咎めたり、礫圏内の相手に零度を押して裏を落として試合を終わらせるような立ち回りによって試行回数を増やしていた。適当に撃ったらカビゴンが落ちてトゲキッスミミッキュが通るようになるのは反則すぎるのでラプラスゲーはシーズン3から既に始まっていたと言える。

 

f:id:marize_poke:20200128090623p:plainf:id:marize_poke:20200128012100p:plainカビゴン@フィラの実

性格:腕白

特性:食いしん坊

実数値:264(228)-130-128(252+)-×-134(28)-50

技構成:のしかかり ヘビーボンバー カウンター 欠伸

◎呪い意識のH4n

 

前季は意地っ張りで使用していたが、意地っ張りの必要性が無かったので耐久をより高めるために腕白で使用した。記事を見て型を知っている相手にダメージ感覚をズラせたりして強かった。一撃技の通りが悪いミミッキュを見たらなるべく出して、ある程度誤魔化していた。

 

f:id:marize_poke:20200130095056p:plainトゲキッス@鋭い嘴

性格:控えめ

特性:天の恵み

実数値:161(4)-×-115-189(252+)-135-132(252)

技構成:エアスラッシュ マジカルシャイン 大文字 悪巧み

◇C+2ダイジェット「エアスラッシュ」で267-131カビゴンに255~

◎準速

 

主に受けよりの構築やドラパルト絡み、ミミッキュの居ない構築に選出し、カビゴンの欠伸で起点を作るなどして悪巧みを積みダイジェットで全てを破壊する。鋭い嘴によって命の珠に引けを取らない火力を出せるため、もっと注目されるべき持ち物だと感じた。

 

f:id:marize_poke:20200201105748p:plainドリュウズ@気合の襷

性格:陽気

特性:砂かき

実数値:185-187(252)-81(4)-×-85-154(252+)

技構成:地震 アイアンヘッド 岩石封じ 角ドリル

◎最速

 

前季同様強かった。有利対面で角ドリルを押すと裏のアーマーガアが貫かれていくのは勿論のこと、角ドリルを見た相手のカビゴンやアーマーガアはダイマックスを強要されるのでその後の試合展開を掴みやすかった。8世代最強の襷枠だと思う。

 

f:id:marize_poke:20200129172207p:plainミミッキュ@命の珠

性格:陽気

特性:化けの皮

実数値:131(4)-142(252)-100-×-125-162(252+)

技構成:ゴーストダイブ じゃれつく 影うち 剣の舞

◎最速

 

ラプラスドリュウズで得たアドバンテージを勝利に変換する。ゴーストダイブが認知され、ギルガルドが影うちから入ってきたりしたので前季ほどの強さは感じられなかった。

 

【構築の要点】

 

・対面性能の高い駒+運要素の多投 f:id:marize_poke:20200129165912p:plainf:id:marize_poke:20200128095014p:plainf:id:marize_poke:20200201105748p:plainf:id:marize_poke:20200301120043p:plain

ドリュウズが外したからラプラスで当てるか!が通用してしまう(=試行回数の確保)。一撃技は相手のダイマックスを強要させるので、その後の試合展開を掴みやすくなる。一撃技は主に受け駒、例えばカビゴンやアーマーガアに撃つことが多いため、決まればミミッキュを止められなくなってそのまま試合が終わる場面が多い。

 

カビゴンへのメタ張り  f:id:marize_poke:20200301120043p:plainf:id:marize_poke:20200201105748p:plainf:id:marize_poke:20200130095056p:plain

上記の一撃技の多投と話が繋がるが、今シーズンはカビゴンが大増殖しており、前季の様にミミッキュを通しに行くだけでは勝てないので、カビゴンの処理ルートを複数確保出来る構築・選出・立ち回りを意識した。方法は歪だったと言わざるを得ないが、結果的に数多くのカビゴンを葬り去れたので正解だった。

 

 【終わりに】

相変わらず最終日深夜の思いつきに助けられた。運だけの場面もあったが、見えた択をしっかり押すことで試行回数を増やせたのでプレイヤーが強かった。S4からラプラスがキョダイマックスを引っ提げて対面性能を向上させつつ絶対零度を連打出来るのがとても楽しみである。上位帯での対戦はとても楽しかったので、来季も上位を目指して頑張りたい。

 

 

↓最終日8:20頃まで1位だった。この後更新したら2位だったので1位を目指したが溶かしてしまった。

f:id:marize_poke:20200301081500j:plain